このペ-ジでは、過去に実施された講習会や内覧会、技能認定講習などの実績を紹介しております。

各ペ-ジ内で、実施を収録した映像、資料などが

閲覧出来ますので、ご覧下さい。

劇場技術者認定の開催 平成31年2月19日、20日

劇場技術者認定講座2級、3級が、平成31年2月19日、20日の2日間新宿区角筈ホールにて開催されました。全国、多ジャンル、会員、一般から多数の参加者にお集まりいただき、座学、実技、実演と講習し試験にも臨まれ、ご参加の皆様の熱心な取り組みで全員が各級を取得。講座後、芸術家のくすり箱 事務局長の小曽根史代さん(http://www.artists-care.com)の講義、安全管理をテーマにしたシンポジュームも併催され今年度の事業すべてが終了しました。来年度以降は、地方開催、技能保持開催なども計画中です。今後の講座も是非ご参加ください。

また、ご参加頂きました皆様よりご意見を頂いていますので以下に掲載させて頂きます。

 

受講者Aさん

まずは、楽しかった、自分の分からないことが解決してとても良かったということがありました。次に、二日間で大変情報量が多く、自分のような高齢者だとついていくのがやっとだった。試験があるということで、初日夜に必死に勉強していったら、3級の試験が感想文だけだったのでちゃんと試験をして、知識を試して貰えなかったことが悔しかった。自分は地元の劇場のお手伝いで舞台技術を勉強しており、8の字巻きなども含めて自分なりに頑張っているつもりだか、公的な資格のない3級の立場の人間が、今後2級にチャレンジできることは可能なのでしょうか?もし挑戦させてもらえるものなら、ぜひ受験したい。

 

受講者Bさん

懇親会にも参加していのですが、2日目に試験があることを考えると1日目にやるのはいかがなものか

 

受講者Cさん

二日間行われた劇場技術者検定講座で、「蹴込み」と言われる下準備から照明や音響など、劇場のスタッフがどのような仕事しているのか、参加している受講者の方たちと共に体験しながら学ばせていただきました。 華やかな舞台の裏で、演者やスタッフが事故などに巻き込まれないよう、互いにコミュニケーションをとり合い、きめ細かい注意を払いながら安全の確保を行っていることなど、劇場の設備を使用するための基礎的な知識を身につけることがでました。楽しみながら第3級劇場技術者の資格を取得することができ、舞台への関心が一層高まりました。

 

この他にも多くのご意見ご感想を頂戴しました。今後の講座の企画、運営に反映させて参りたいと思いますので、気付かれた時にご一報ください。

ありがとうございました。